menu

みどり美容クリニック・広尾
満行みどり先生

日本における女性器形成のパイオニア。実績は群を抜いています。メスを使わない最新のレーザー治療も実施。

公式HPで詳しく見る

ゆかりレディースクリニック
辻 ゆかり先生

長年婦人科の治療に携わり、婦人科形成も今までの経験をもとに丁寧に縫合してくれるベテラン医師です。

公式HPで詳しく見る

なおえビューティクリニック
喜田直江先生

形成外科の経験をお持ちで、女性特有の婦人科形成が得意。多くの女性を悩みから解放してきた実績を持つ医師です。

公式HPで詳しく見る

小陰唇縮小手術の名医Navi » 本当に手術は必要?小陰唇の悩みを解消するお話し » ビラビラ(小陰唇)が大きい

ビラビラ(小陰唇)が大きい

あそこのビラビラの大きさについて悩む女性はたくさんいます。「他の人に比べて大きすぎないか」「形がおかしいのではないか」など、悩みはそれぞれ。ここでは、そんな小陰唇の大きさや形の悩みにお答えしています。平均的な大きさや形、大きいことで起こり得るトラブルなどぜひ参考にしてください。

なんかはみ出てる!ビラビラの正体は…

女性器のビラビラは小陰唇(しょういんしん)という名前で、尿道や膣の入口の両側にあるヒダ状の皮膚のことを言います。人によっては赤黒い色をしていることもありますが、もともとは口のなかのほっぺたに近い色。子供の時は目立たないピンク色をしていて、思春期の頃から大きくなり色素が沈着してく少しずつ赤黒く変化します。

この小陰唇はとても弾力性に富んでいて、引っ張ると数センチも伸びます。陰毛が生えず、敏感な部分で、触ると充血して膨張するのが特徴です。

小陰唇の役割

小陰唇には膣と尿道口への細菌の侵入を防ぐ役割があります。女性は膣が尿道口と近いだけでなく、尿道が4cmと男性の1/4ほどの長さしかありません。そのため、菌が侵入して膀胱まで到達しやすくなっていますが、それを防いでくれるのが小陰唇です。

具体的には皮脂腺などから作られる分泌液によって常にしっとりと湿った状態が保たれ、左右の小陰唇が湿り気によってぴったりくっつくことで細菌の侵入を防いでいます。

尿を排泄するときに飛び散らないようガードする役割や、性交時に興奮して大きく開くことで男性器の挿入をサポートする役割もあります。

人によって大きさや形が違うのは当たり前

人はそれぞれ身長や体重が違うように、小陰唇の大きさや形も人によって変わります。また、左右で大きさや形が違うというのは全く珍しいことではなく、むしろ普通のことです。そして、小陰唇の肥大化や色素沈着、形などが変わっていても必ずしも病気とは限りません。

女性の子宮や卵巣、または月経に異常がなければ問題はないのです。

みんなはどんなの?平均の小陰唇

とはいえ、気になる小陰唇の大きさ…普通の女性にしてみれば自分の小陰唇が大きいのか小さいのか、それとも平均程度なのかはわかりませんよね。実は小陰唇の大きさで悩んでいる人は、ほとんどが自分で思っているだけか、一部の人は彼氏に指摘されて気付いたという程度です。

小陰唇の平均的な大きさは1~2cmが多いようですが、平均2.5cmとかいてある情報もあります。海外では5cm以上の幅があると「小陰唇肥大」として認められるそう。

大きさについて

人によって形や大きさの変わる小陰唇ですが、大陰唇からはみ出してしまうと大きいと感じてしまう人が多いのではないでしょうか。

大きさの確かめ方については、小陰唇を引っ張った状態で4cm以上あれば、他の人に比べて大きめと思ってもいいでしょう。

小陰唇の大きさは一般的に足を閉じて立ち、閉じた部分から小陰唇のビラビラが少しはみ出ている程度なら普通の大きさです。閉じた部分から大きくはみ出しているようだと小陰唇が大きいといえます。

また、少し足を開いた状態で立ち、両側のビラビラを指で挟み引っ付けてみてください。離した時にビラビラがすぐに離れれば一般的ですが、離れずに引っ付いたままだと大きい可能性が高いです。

形について

小陰唇の形について、他の人と比べたことがない人でも自分の形は人とは違うかも、と悩んでいる人も結構います。肌の色や顔の造りが違うように、小陰唇も違って当然。

代表的な形の違いだけでも8種類、以下のように分類されます。

普通型

普通の小陰唇のイラスト

上広がり型

上広がり型の小陰唇のイラスト

下広がり型

下広がり型の小陰唇のイラスト

特大型

特大型の小陰唇のイラスト

未熟型

未熟型の小陰唇のイラスト

成熟型

成熟型の小陰唇のイラスト

左右非対称型

左右非対称型の小陰唇のイラスト

くびれ型

くびれ型の小陰唇のイラスト

悩みすぎるのはよくない!

ここまで説明してきた通り、小陰唇の形は人それぞれで、形が違って当たり前です。悩みを打ち明けるのは大切ですが、「自分の形はおかしいのではないか」と悩み、過剰に心配しすぎるのはあまりよくありません。

そもそも、どこから小陰唇と考えるのかわからないほど個人差がある部位なので、どの程度の大きさが基準なのかもわかっていません。多くのケースでは小陰唇のビラビラが始まる部分にクリトリスがありますが、人によってはその限りではないことも。

形状も、まっすぐ伸びている人や尿道あたりで急にビラビラが大きくなっている人などもいます。左右差が大きく、非対称な場合も多いようです。小陰唇の形はすべて違うため、人と違うことで悩む必要はないのです。

小陰唇が大きいことで起こり得るトラブル

悩みすぎるのは良くないですが、とはいえ小陰唇が肥大することで、思わぬトラブルが起きるケースがあります。

黒ずみやすくなる

下着の画像

小陰唇が大きいと下着と触れやすくなり、擦れた部分が黒ずんだまま色素沈着を起こしやすくなります。黒ずみを気にしてナイロンタオルでゴシゴシ洗うのは摩擦が起こって逆効果です。黒ずみは汚れではないため、こすっても落ちません。カミソリによる剃毛も、黒ずみを悪化させます。
このように黒ずみの原因は摩擦によることが多いため、生活面では圧力や摩擦を与えないように注意することが必要です。お風呂やトイレでごしごし拭くのは極力避け、小さい下着や冬場のタイツ2枚履きなどで圧力をかけることがないよう工夫しましょう。

においが強くなる

においの画像

小陰唇が肥大すると、汚れが溜まりやすくなると言われています。膣から分泌される分泌液によって大陰唇との間にそのカスが溜まりやすくなるためです。カスが放置されたままだと、不衛生で悪臭の原因になります。
これらの汚れは粘り気があるうえ、皮脂が混じっているためお湯だけでは落ちにくいという問題があります。気づかないうちに汚れが積み重なり臭いの元になるのはつらいですよね。そこで洗うときの注意点として、ビラビラの形を正確に把握し、丁寧に手で洗うことを心がけましょう。
通常のボディソープだと洗浄力が強すぎるため、デリケートで乾燥しやすい小陰唇の洗浄にはあまりむいていません。できれば刺激の少ない弱酸性の石鹸を使うようにしましょう。

痛くなる

痛みの画像

小陰唇が大きい場合、下着に擦れたり、自転車に擦れたりして痛みを感じやすくなります。なかには、座っているときやキツめのパンツを履いているときに痛みを感じる人も。

下着からはみ出た部分が擦れて、痛みを感じる場合があるようです。
日頃小陰唇の痛みが気になっている人は、できるだけ肌触りのいい下着や身体をしめつけない洋服を選ぶことで、痛みを軽減することができます。

小陰唇のビラビラが目立ってきたり、左右差が目立ってくる

小陰唇が肥大してくると、ビラビラが目立ってきたり左右の差が目立つことも。小陰唇は顔と同じように左右で形や大きさが異なる部分です。
あまりはっきり違いがあると、やはり気になってしまうもの。恋人やパートナーがいる人は、性交渉に対して消極的になってしまう可能性もあります。根本的に小さくしたい場合は手術などの治療をおすすめします。

排尿しにくくなる

小陰唇が大きくなると、排尿に影響してしまうことがあります。排尿時に尿が当たりやすくなり頻繁に飛び散ってしまうことも。尿がまっすぐにでない場合や、横に曲がってしまう場合は小陰唇が肥大している可能性があります。
そのまま放置しておくと、尿をキレイにふき取ることができなくなる上、清潔感を保つことが困難になるため1人で悩まず周りに相談しましょう。なかなか症状が改善しない人は専門家に相談するのが最適です。

そもそもどうして小陰唇は肥大する?

小陰唇のビラビラが大きい原因の一つとしてよく聞くのが、男性経験が豊富な人という話。ですが、これは間違いです。毎日着ている下着や内側の皮膚のこすれなどに比べると、性交時の摩擦はかなり少ないことがわかると思います。

小陰唇が大きくなるのは先天的なものか、思春期や妊娠、出産を経てホルモンバランスが変化するときに起こりやすいと言われています。他にも加齢や慢性的炎症などが原因になると言われていますが、明らかな原因とは言えないのが現状です。

年齢を追うごとに大きくなることも

小陰唇の大きさについての悩みは若い人が多そうなイメージですが、老化によって下垂してしまうケースがあります。

老化の場合は小陰唇だけの問題ではなく、小陰唇を包みこんでいる大陰唇が痩せてボリュームが減ることで、小陰唇が際立ってしまうのです。

そもそも小陰唇の大きさに正解はあるのか

小陰唇の大きさは、本当に千差万別です。その中から適正な形、正解を考えるのは難しいでしょう。まっすぐでキレイなラインや適度にはみ出している程度が良いと考える人もいますが、あくまでそれは好みの問題。小陰唇の形にまったく興味がない男性も多くいますし、人によって適正だと思う形は異なります。

小陰唇の大きさはデリケートな問題なので、他人に答えを出してもらいにくいもの。自分が大きさを気にしていないのであれば、問題ないといえるでしょう。

小陰唇が大きくなりやすい人の特徴

生まれつきの問題

小陰唇が大きくなるのは個人差で、生まれ持った体によるものと言われています。とある小陰唇肥大の女性からは、小学生のころすでにビラビラがはみ出ていたという声も。

体の特徴は親から受け継いだ遺伝子の影響が大きく出るものです。背の低い家族に生まれた人が高身長になりにくいのと同様に、母親の小陰唇が大きい場合は子どもの小陰唇も大きくなることが考えられます。

トイレでの拭き方

小陰唇が大きくなる原因には、トイレでの拭き方も関係しているかもしれません。トイレのときの拭く向きによって、小陰唇が引っ張られてしまい、伸びることでもともと対称だったビラビラの大きさが変わってくることも。拭くときは優しく紙をあてましょう。

左右非対称の小陰唇を持つ人は多くいますが、利き腕側の小陰唇が大きく伸びている場合は要注意です。

小陰唇肥大を解消した人の体験談

30代女性 (東京都在住)

中学生ごろから小陰唇が大きくなってきて、足を閉じると両側がくっついてぶらさがるのが嫌でした。20代後半ごろから座っているときに巻き込んで痛むようになり、思い切って手術を受けることに。クリニックでは悩みや痛みがあることを相談し、診察台で診ていただきました。恥ずかしい気持ちはありましたが、丁寧に診察してくれたことや適した施術の提案など、親切な対応に信頼してお任せすることに。

手術は3時間くらいと言われていましたが、2時間ほどで終わりました。痛みは最初の麻酔だけで、痛いものの、我慢できないほどではなかったです。手術から1週間くらいは小陰唇が痛くて、トイレやお風呂などは優しく触れるだけでも痛かったです。2週間経った今では日常生活も普通に送れるようになり、運動もできるようになりました。見るたびに、やって良かったと思います。

20代女性 (京都府在住)

昔から小陰唇のビラビラが大きいことに悩んでいて、脱毛や温泉に行くときに恥ずかしくないよう手術を決意。クリニックは手術費用が安く、当日手術が可能なところにしました。男性医師が担当だと知ったときはビックリしましたが、優しく対応してくださって良かったです。手術内容の説明もしっかりしていて、慣れていることがうかがえました。

手術では局所麻酔を使用しましたが、麻酔を打つときもなるべく痛みを抑えるように工夫してくれているのが伝わり、嬉しかったです。スタッフが親切で、思ったよりも落ち着いて受けられました。施術後は出血がなかなか止まらなかったのですが、連絡するとすぐに縫い直してもらえて安心。腫れは1週間ほどで治まって、1ヵ月ほど経つと全然目立たなくなりました。対応も親切だったし、前より確実に小さくなったので満足です。

20代女性 (群馬県在住)

長年、女性器の違いが気になっていて、黒ずみも年を追うごとに目につくように…。ネットを見て小陰唇肥大を知り、2年ほど迷って結局受けることにしました。診察してくれた先生が手術方法や痛み、腫れなどについてわかりやすく教えてくれ、信頼してお願いできました。

自分の体を切ることはかなり怖かったのですが、看護師さんが手術中に何度も励ましの言葉をかけてくれて、終わるまで取り乱すこともなかったです。痛みはなかったのですが、切られたり縫われたりといった感覚はありました。手術からすぐは違和感だけでしたが、少しすると痛みと血が出てきてナプキンを何度も取り換えるはめに。現在3日目で痛みはまだ残っていますが、キレイな感じになりました。ずっと悩んでいたことが解消されて良かったです。1ヵ月後に腫れが引くのが楽しみで仕方ありません。

気になるなら専門家に相談しよう

美容外科では小陰唇をはじめとする女性器形成の相談・症例数はかなり多く、意外と多くの方がデリケートな悩みを抱えているのだそうです。

実際ドクターが見てみると特に肥大してもいないのに「大きい」と感じている方も多いのだとか。女性同士でもおおっぴらに見せる部分ではないので平均がわからない分、逆に気になってしまうのではないでしょうか?

それでもやっぱり気になる・・・という方は、一度その道の専門医に悩みをぶつけてみましょう。いきなり直接会って話すのはちょっと・・・という場合は、電話やメールでのカウンセリングを利用してみてください。

小陰唇は手術で小さくできる

小陰唇縮小術では、小陰唇の不要部位を切り取った後に形状を整えながら縫い合せます。小陰唇を小さくキレイな形に仕上げられる手術です。

どうしても治したいと思ったときはクリニックに相談に行くことをおすすめします。

具体的な施術方法

(1)肥大している小陰唇

肥大している小陰唇イラスト

(2)肥大した部分を切り取り…

肥大している部分を切り取るイラスト

(3)大きさを整える

余分なものがない小陰唇イラスト

ナノニードルという極細の針で麻酔をしてくれるので、痛みを感じることはほとんどありません。

担当医が切除ラインを正確にデザインし、肥大した部分をメスで正確にカットしてから縫合します。クリニックによっては、レーザーを使って余った皮膚を切除するレーザー治療も選択可能です。

小陰唇の縮小手術に関する正しい知識を詳しく見る

小陰唇手術のメリット

施術は約1時間ほどで終了し、片側のみであればその半分の20~30分程度。小陰唇手術の治療を受けることで、小陰唇の黒ずみや形などが改善されるだけでなく「恋愛に積極的になれる」あるいは「痛みのストレスから解放される」といったコンプレックスの改善が期待できます。心身共に改善効果が得られるのが大きなメリットでしょう。

小陰唇手術のデメリット

個人差はありますが、傷口がふさがるまでは小陰唇が硬く感じられたり、かゆみを感じる人がいます。術後に激しい運動を行ったり強い衝撃を加えると、傷口がひらいてしまう恐れもありますので、術後は落ち着いた生活を心がける必要があるでしょう。

気になる人は早めの相談を

小陰唇肥大は、放置やセルフケアでは改善は見込めません。小陰唇の大きさで悩んでいる場合は、できるだけ早めにクリニックに相談しましょう。

どのクリニックでも良いというわけではなく、治療後の仕上がりは医師の技術力に左右されます。そのため、クリニック選びを慎重に行うことが大切です。

また施術には縫合後に抜歯する方法としない方法があるなど、その種類は実に様々。方法によって費用や性交渉の期間も変わりますので、クリニックを選ぶ際にはその点も踏まえて探すとよいでしょう。

ページの先頭へ