小陰唇縮小を得意とする婦人科手術の名医たち
みどり美容クリニック・広尾
満行みどり先生
みどり美容クリニック・広尾 満行みどり先生
日本における女性器形成のパイオニア。実績は群を抜いています。メスを使わない最新のレーザー治療も実施。

引用元:みどり美容クリニック広尾
http://midocli.com/doctor/

酒井形成外科
酒井倫明先生
酒井形成外科 酒井倫明先生
大学病院などで形成外科に長年携わり、技術力が必要とされる手術を数多く手がけているベテラン医師です。

引用元:酒井形成外科
http://www.sakai-keisei.gr.jp/clinic/profile.html

銀座みゆき通り美容外科
北村珠希先生
銀座みゆき通り美容外科 北村珠希先生
婦人科形成など、女性特有の美容整形術が得意。
多くの女性を悩みから解放してきた実績を持つ医師です。

引用元:銀座みゆき通り美容外科
www.biyou-clinic.jp/miyuki/clinic/doctor.html

小陰唇縮小手術の名医Navi HOME » 本当に手術は必要?小陰唇の悩みを解消するお話し » ビラビラ(小陰唇)が大きい

ビラビラ(小陰唇)が大きい

あそこのビラビラの大きさについて悩む女性はたくさんいます。「他の人に比べて大きすぎないか」「形がおかしいのではないか」など、悩みはそれぞれ。ここでは、そんな小陰唇の大きさや形の悩みにお答えしています。平均的な大きさや形、大きいことで起こり得るトラブルなどぜひ参考にしてください。

なんかはみ出てる!ビラビラの正体は…

女性器のビラビラは小陰唇(しょういんしん)という名前で、尿道や膣の入口の両側にあるヒダ状の皮膚のことを言います。

実は小陰唇は、年齢を重ねることで形は変わっていくもので、とくに思春期ごろから厚みを増し、色合いや大きさにバラつきが出始めます。

また、妊娠や出産を経て更年期に差し掛かると、膣の厚みや収縮力が低下して弾力を失い、下垂れしてしまいます。

人によって大きさや形が違うのは当たり前

人はそれぞれ身長や体重が違うように、小陰唇の大きさや形も人によって変わります。また、左右で大きさや形が違うというのは全く珍しいことではなく、むしろ普通のことです。そして、小陰唇の肥大化や色素沈着、形などが変わっていても必ずしも病気とは限りません。

女性の子宮や卵巣、または月経に異常が無ければ問題はないのです。

みんなはどんなの?平均の小陰唇

とはいえ、気になる小陰唇の大きさ…普通の女性にしてみれば自分の小陰唇が大きいのか小さいのか、それとも平均程度なのかはわかりませんよね。実は小陰唇の大きさで悩んでいる人は、ほとんどが自分で思っているだけか、一部の人は彼氏に指摘されて気付いたという程度です。

小陰唇の平均的な大きさは1~2cmが多いようですが、平均2.5cmとかいてある情報もあります。海外では5cm以上の幅があると「小陰唇肥大」として認められるそう。

大きさについて

人によって形や大きさの変わる小陰唇ですが、大陰唇からはみ出してしまうと大きいと感じてしまう人が多いのではないでしょうか。

大きさの確かめ方については、小陰唇を引っ張った状態で4cm以上あれば、他の人に比べて大きめと思ってもいいでしょう。

小陰唇の大きさは一般的に足を閉じて立ち、閉じた部分から小陰唇のビラビラが少しはみ出ている程度なら普通の大きさです。閉じた部分から大きくはみ出しているようだと小陰唇が大きいといえます。

ですがそもそも、「大きくはみ出している」という判断も自分でしか行えないので、本当に大きいのか実際はわからないのです。最終的には専門家に相談することで、切除手術を行なうべきか、そうでないかを決めるのがベストです。

形について

小陰唇の形について、他の人と比べたことがない人でも自分の形は人とは違うかも、と悩んでいる人も結構います。女性器の形は人によってそれぞれ違うもので、肌の色や顔の造りが違うように、小陰唇も違って当然。代表的な形の違いだけでも8種類、以下のように分類されます。

  • 普通型…ヒダが左右対称のタイプ
  • 上広がり型…ヒダが上に向かうにつれて広がっているタイプ
  • 下広がり型…ヒダが下に向かうにつれて広がっているタイプ
  • 特大型…ヒダが大きく発達しているタイプ
  • 未熟型…ヒダが小さいタイプ
  • 成熟型…特大型まではいかないが、ヒダがやや大きめに発達しているタイプ
  • 左右非対称型…ヒダの形や大きさが左右非対称のタイプ
  • くびれ型…ヒダにシワが寄ってくびれているタイプ

悩みすぎるのはよくない!

ここまで説明してきた通り、小陰唇の形は人それぞれで、形が違って当たり前です。悩みを打ち明けるのは大切ですが、「自分の形はおかしいのではないか」と悩み、過剰に心配しすぎるのはあまりよくありません。

小陰唇が大きいことで起こり得るトラブル

悩みすぎるのは良くないですが、とはいえ小陰唇が肥大することで、思わぬトラブルが起きるケースがあります。

小陰唇には尿をまっすぐ出したり、膣にばい菌が入らないようにしたりする役割がありますが、肥大化してしまうと外部からの刺激を受けやすくなってしまうのです。

具体的には、汚れや細菌が溜まりやすくなる、臭いが強くなる、下着や自転車のサドルなどによる摩擦で痛みを伴うといった弊害が起きます。また、パートナーとの性行為に自信がなく消極的になってしまった人や、排尿時に小陰唇に尿がひっかかり、まっすぐ尿を出せないケースも起こります。

そもそもどうして小陰唇は肥大する?

小陰唇のビラビラが大きい原因の一つとしてよく聞くのが、男性経験が豊富な人という話。ですが、これは間違いです。毎日着ている下着や内側の皮膚のこすれなどに比べると、性交時の摩擦はかなり少ないことが分かると思います。

小陰唇が大きくなるのは先天的なものか、思春期や妊娠、出産を経てホルモンバランスが変化するときに起こりやすいと言われています。ほかにも加齢や慢性的炎症などが原因になると言われていますが、明らかな原因とは言えないのが現状です。

年齢を追うごとに大きくなることも

小陰唇の大きさについての悩みは若い人が多そうなイメージですが、老化によって下垂してしまうケースがあります。老化の場合は小陰唇だけの問題ではなく、小陰唇を包みこんでいる大陰唇が痩せてボリュームが減ることで、小陰唇が際立ってしまうのです。その結果、小陰唇自体の大きさはほとんど変わらなくても、大陰唇のボリュームが減少し小陰唇がはみ出てきて、下着などによって摩擦を受けてしまいます。

気になるなら専門家に相談しよう

美容外科では小陰唇をはじめとする女性器形成の相談・症例数はかなり多く、意外と多くの方がデリケートな悩みを抱えているのだそうです。

実際ドクターが見てみると特に肥大してもいないのに「大きい」と感じている方も多いのだとか。女性同士でもおおっぴらに見せる部分ではないので平均が分からない分、逆に気になってしまうのではないでしょうか?

それでもやっぱり気になる・・・という方は、一度その道の専門医に悩みをぶつけてみましょう。いきなり直接会って話すのはちょっと・・・という場合は、電話やメールでのカウンセリングを利用してみてください。

 
pagetop