小陰唇縮小を得意とする婦人科手術の名医たち
みどり美容クリニック・広尾
満行みどり先生
みどり美容クリニック・広尾 満行みどり先生
日本における女性器形成のパイオニア。実績は群を抜いています。メスを使わない最新のレーザー治療も実施。

引用元:みどり美容クリニック広尾
http://midocli.com/doctor/

酒井形成外科
酒井倫明先生
酒井形成外科 酒井倫明先生
大学病院などで形成外科に長年携わり、技術力が必要とされる手術を数多く手がけているベテラン医師です。

引用元:酒井形成外科
http://www.sakai-keisei.gr.jp/clinic/profile.html

銀座みゆき通り美容外科
北村珠希先生
銀座みゆき通り美容外科 北村珠希先生
婦人科形成など、女性特有の美容整形術が得意。
多くの女性を悩みから解放してきた実績を持つ医師です。

引用元:銀座みゆき通り美容外科
www.biyou-clinic.jp/miyuki/clinic/doctor.html

小陰唇縮小手術の名医Navi HOME » 本当に手術は必要?小陰唇の悩みを解消するお話し » ビラビラ(小陰唇)が黒い

ビラビラ(小陰唇)が黒い

自分自身の陰部に対して、「他の人より黒く、ビラビラも真っ黒で気になる」と思って悩んでいる女性は意外にたくさんいます。ビラビラの部分は小陰唇と呼び、「小陰唇が黒い」という悩みは年齢を問わず結構みんな抱えているもの。しかも、他の人に陰部のケアをしているかなんてなかなか聞けませんよね。

なんか黒い…!ビラビラが黒い原因

女性器が黒ずんでしまうのはいくつかの原因があります。1つは肌がこすれることで発生するメラニン色素が大きな原因です。こすれは、下着や服との摩擦によるものなので普段生活をしていてなかなか避けられません。そして2つ目は、ホルモンバランスがもたらす黒ずみです。3つ目は加齢によるもの。これらは知識を持って対策を取ることで、黒ずみを予防し改善することができます。

女性の黒ずみについて悩んでいる人は、どんなことが原因で自分の女性器が黒ずんでいるのかを知ることから始めましょう。

こすれなどで発生するメラニン色素

女性の下着

女性器は刺激を受けやすい部分です。肌が刺激されると、自衛機能としてメラニンが通常よりも多く分泌されてしまいます。

メラニンは黒い色素を持っているため、メラニンが多く分泌された部分のターンオーバーが遅れたり、乱れたりすることがあれば、メラニンの色素がそのまま沈着を起こしてしまうということも。刺激を与えないようにすることは難しいですが、原因のひとつとして知っておきましょう。

日常で避けられない摩擦

黒ずみが増してしまう原因は摩擦ですが、日常生活でも女性器はかなりの摩擦を受けていることは知っていますか?下着での摩擦やトイレットペーパー、お風呂でのゴシゴシ洗い、ナプキンでのかぶれ、陰毛の摩擦など、本当にさまざまです。年齢を重ねてくると、垂れ下がったお肉同士での摩擦も加わります。

よく聞く「SEXのしすぎで黒くなる」という噂ですが、それが原因になるとは考えにくいものです。「1日に数回365日SEXして27年目…(苦笑)」となれば原因になるかもしれませんが、普段の生活によるものが主な原因と考えて良いでしょう。

ホルモンバランスの影響

女性ホルモンを連想する画像

女性ホルモンは黄体ホルモンとエストロゲンなど排卵や生理後などタイミングによって様々な種類があります。この中でも黄体ホルモンは、メラニンの細胞を活発化させてしまう働きを持つホルモンです。ストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうと黄体ホルモンが過剰に分泌され、女性器が黒ずんで色素沈着を起こします。

出産の過程では女性器と乳首が黒ずむことがありますが、原因は女性ホルモンによるものです。女性ホルモンと黒ずみは密着な関係があるのです。

加齢の影響

手を取り合う女性

人の肌は正常なサイクルでは28日周期でターンオーバーを行なうと言われています。年齢を重ねるとこのターンオーバーのサイクルが遅くなり、若い頃ではすぐに治ったような傷や日焼けが治らなくなってしまうもの。

肌に色素が残る原因となっているのも、ターンオーバーが遅くなることで色素のメラニンをうまく排出できず、すぐに新しいメラニンが出てくるためです。皮膚にメラニンが溜まっていくことで、肌が黒ずんでいってしまいます。

ターンオーバーは早すぎても肌荒れの原因になってしまうため、正常なサイクルに保つのが理想です。

 
pagetop