menu

みどり美容クリニック・広尾
満行みどり先生

日本における女性器形成のパイオニア。実績は群を抜いています。メスを使わない最新のレーザー治療も実施。

公式HPで詳しく見る

ゆかりレディースクリニック
辻 ゆかり先生

長年婦人科の治療に携わり、婦人科形成も今までの経験をもとに丁寧に縫合してくれるベテラン医師です。

公式HPで詳しく見る

なおえビューティクリニック
喜田直江先生

形成外科の経験をお持ちで、女性特有の婦人科形成が得意。多くの女性を悩みから解放してきた実績を持つ医師です。

公式HPで詳しく見る

小陰唇縮小手術の名医Navi » 本当に手術は必要?小陰唇の悩みを解消するお話し » ビラビラ(小陰唇)にできもの

ビラビラ(小陰唇)にできもの

できもののイラスト

人にはなかなか打ち明けられないのがデリケートゾーンの悩み。そんなところに「おできができた」とは、たとえ家族であっても言いにくいでしょう。外陰部にできるおできには、ニキビのようなできものから水ぶくれ、潰瘍までさまざまなものがあります。原因がそれぞれ異なるので注意が必要です。

ここでは、デリケートゾーンにできるおできの原因や症状、それぞれの治療法についてまとめているので、ぜひチェックしてください。

ビラビラにニキビが!考えられる原因は?

ビラビラにニキビのようなものができるのは、雑菌が繁殖しやすいためです。陰部は常に下着でおおわれていていつも湿度が高い状態。そのため雑菌が繁殖しやすい環境と言えます。特に女性の場合、生理ナプキンや下着などによる蒸れや刺激のほか、生理中の経血、尿や垢などで汚れやすくなっています。そのほか、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、食生活の影響によって顔と同様にデリケートゾーンにもニキビができたりします。陰部の皮膚は薄いため、カミソリなどによる刺激もニキビの原因のひとつです。

ビラビラにできるぶつぶつの諸症状

ニキビ以外にも、陰部には様々なできものができます。それらのぶつぶつは見た目がニキビに似ているので見分けが難しいものも。中にはセルフケアでは治らない症状もあるので要注意です。気になるぶつぶつを症状ごとに詳しく紹介します。

腟前庭乳頭症という生理現象

女性の外陰部にできるぶつぶつは、膣前庭乳頭症(ちつぜんていにゅうとうしょう)の可能性があります。

膣前庭は膣からクリトリスにかけての小陰唇の内側のこと。腟前庭乳頭症とは、膣前庭部分や尿道口付近に1ミリ前後の小さいぶつぶつができる症状のことを言います。この症状の特徴は、性感染症ではなく生理的現象であること。生理周期や女性ホルモンによって発症することが分かっており、生理周期に変動があるとぶつぶつのできる数や大きさが変わる場合があります。痛みやかゆみを感じることもあるようです。

腟前庭乳頭症は病気ではないので、治療する必要はありません。パートナーに移す心配もないため、放置しても問題ないでしょう。

脂腺(フォアダイス)

小陰唇にあるぶつぶつに痛みやかゆみがなく、黄白色で表面がなめらかな1ミリ程度のイボである場合は、脂腺(フォアダイス)の可能性があります。

脂腺とは、1本の体毛に対して皮脂を分泌する腺のこと。毛根のない小陰唇にあらわれた脂腺(フォアダイス)には開口部がないため、皮脂を排出できず白っぽいかたまりになってしまいます。脂腺(フォアダイス)は生理現象としてあらわれるもので、病気ではありません。性交でパートナーに感染することもないので、無害です。ニキビと同じものとして考えてよいでしょう。

しかし、自然にはなくならないので治療する方が多くいます。治療法は、レーザーや電気メスを使った切除手術です。今のところ、治療薬はありません。

毛嚢炎(もうのうえん)

できもののイラスト

毛嚢炎は、毛包にブドウ球菌が感染して起こる皮膚の病気です。皮膚の浅い部分にできる感染症で、赤いぶつぶつまたは中央に膿をもったできものが発生します。かゆみや痛みはほとんどありませんが、硬く根をもったものには軽い痛みが出る場合があります。発生の原因は、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌の感染によるものです。軽い傷や湿り気、副腎皮質ステロイド薬なども誘因になります。

ぶつぶつの数が少ない場合はとくに治療の必要がなく、放っていても自然に治るでしょう。数がたくさんある場合や痛みがあっておできに近い場合は、化膿止めの飲み薬を3~4日間服用することで治ります。

性病

性病は梅毒やエイズといったイメージが強くあり、少数の方だけがかかる病気だと思われがちです。しかし、性病にはさまざまな種類があり、知らず知らずのうちに感染している可能性も。ここでは、女性がかかりやすい性病の症状や対策法についてまとめました。

尖圭(せんけい)コンジローマ

尖圭(せんけい)コンジローマの症状として見られるのが、感染した部分にできるイボのような腫瘍です。他に、おりものの色が濃くなったり、量が増えたりすることがあります。発症部位によっては痛みやかゆみが起きる場合も。

尖圭コンジローマはイボ以外に自覚症状が見られず、感染に気づきにくい性病です。女性は、女性器の形状上、症状に気づかずに放置してしまう可能性が高くなります。子宮頸がんを発症する可能性が高まるという女性特有のリスクもあり、注意が必要です。

尖圭コンジローマには、有効成分にイミキモドを含む塗り薬を使った治療があります。1日1回、週に3回の塗布を続けることで、イボが小さくなるでしょう。手術による治療法もありますが、塗り薬だと患部を傷つけずに治療できます。

梅毒

梅毒は、治療せずに放置することでどんどん症状が進行する性病です。初期症状として、感染部位に硬いしこりがあらわれます。しこりは少しずつ大きく拡がって、硬く盛り上がるように。初期段階で痛むことはありません。初期症状が発生しやすい部位が、女性だと大小陰唇や子宮頸部です。

梅毒には母子感染が見られるので、梅毒に感染している女性が妊娠した場合、胎盤から胎児に病原体が移ってしまうのです。医療機関で検査を受けることで、梅毒にかかっているか確認できます。女性は、婦人科や性病科を受診しましょう。

性器ヘルペス

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによって発生するウイルス感染症です。女性には、外陰と膣の入り口に赤いぶつぶつや水ぶくれ、潰瘍などの症状があらわれます。はじめて単純ヘルペスウイルスにかかると、症状が強く出るのが性器ヘルペスの特徴です。感染してから2~12日間で発症し、むずがゆさや痛みなどを感じます。水ぶくれがつぶれて潰瘍を形成すると、激しい痛みが出ることも。初感染では症状が強く出ますが、再発は症状が軽くなります。

重症や全身的な症状が出ているときは、入院治療が必要です。治療には抗ヘルペスウイルス薬を使いますが、飲み薬や点滴静注薬などを状況・症状に合わせて使い分けます。

ビラビラの皮膚トラブルにはこまめなケアを

長時間座りっぱなしだったり、立ちっぱなしで仕事をしたりしている人は、おしりがうっ血して血液の循環が滞ってしまいがち。その結果、デリケートゾーンにぶつぶつができやすく、治りにくくなります。
そこで、ビラビラの皮膚トラブルを起こさないために、気をつけるポイントをまとめてみました。

洗う方法を見直す

湿気がこもりやすく不潔になりがちな陰部は、とにかく清潔に保つことが大切。洗い方にはいくつか注意するポイントがあります。
最初にぬるめのお湯で汚れを軽くすすぎ落としたら、てのひらでしっかりと石鹸を泡立てます。洗うときには指先でなでるように、優しく洗いましょう。陰部はデリケートゾーンとよばれる通り、皮膚が薄いためほんの少しの刺激で傷がついてしまいます。傷口から菌が繁殖するとぶつぶつの元になるため、丁寧に洗うことを心がけてください。
最後に泡が残らなくなるまでしっかりとぬるま湯で洗い流しましょう。泡が残ったままだとぶつぶつだけでなく、かゆみや炎症などの皮膚トラブルを引き起こしてしまうので要注意です。

下着選びは慎重に

下着の選び方もぶつぶつを防ぐ大事なポイント。まずは通気性のよい素材の下着を選びましょう。綿やシルク素材の下着だと蒸れなくておすすめです。
また、身体を締め付けすぎないことも大切です。サイズが小さかったりゴムがきつめだと血流が悪くなり、湿気がこもりやすくなるので、ニキビなどのぶつぶつができやすくなってしまいます。
ストッキングやタイツなども、選び方によっては蒸れてしまいデリケートゾーンの環境を悪化させることに。通気性の良いものを選んだり、パンツスタイルのときにはショートのストッキングをはいたりすることで改善が期待できます。

ムダ毛処理はやさしく

デリケートゾーンのムダ毛処理にカミソリを使うときには、清潔なカミソリを利用することとシェービングクリームなどで肌を保護しながら優しく処理をすることを意識しましょう。ムダ毛処理の際にカミソリで皮膚を傷つけたり不衛生なカミソリを使ったりすると、毛穴に菌が入り込んでぶつぶつの原因に。それだけでなく、毛穴の中から炎症を起こしてしまい、毛嚢炎などの皮膚トラブルになってしまう可能性もあります。
ムダ毛処理をするときは、毛の流れに逆らって剃ったり同じ個所に何度もカミソリを当てると皮膚が荒れるため控えましょう。処理後には保湿を徹底するとぶつぶつを防ぐ効果が高まります。

自分に合うナプキンを使う

デリケートゾーンへじかに接触するナプキンも肌に影響を与えます。合わないナプキンを使い続けるとぶつぶつができる原因に。ぶつぶつが治らない時には、ナプキンを刺激の低いものに変えてみるのもいいかもしれません。

小陰唇が一部肥大していることも!

ケアをしてみたけれどなかなか効果を感じられないという人は、小陰唇の部分的な肥大をおできができたと勘違いしている場合があります。小陰唇の皮膚の状態が他の部位と変わらず、ただ飛び出ているだけの場合は、部分的な小陰唇肥大の可能性が高いようです。

皮膚の表面が乾燥してガサガサしていたり大きく垂れ下がっていたりして、おできや腫瘍ができたと勘違いする方もいます。部分的な肥大は、小陰唇縮小術で治療が可能です。腫瘍を疑う場合は病理検査で症状が確定できるので、まずは検査だけでも受けるようにしましょう。

ページの先頭へ