menu

みどり美容クリニック・広尾
満行みどり先生

日本における女性器形成のパイオニア。実績は群を抜いています。メスを使わない最新のレーザー治療も実施。

切開縫合:250,000円~

公式HPで詳しく見る

ゆかりレディースクリニック
辻 ゆかり先生

長年婦人科の治療に携わり、婦人科形成も今までの経験をもとに丁寧に縫合してくれるベテラン医師です。

両側:280,000円~

公式HPで詳しく見る

なおえビューティクリニック
喜田直江先生

形成外科の経験をお持ちで、女性特有の婦人科形成が得意。多くの女性を悩みから解放してきた実績を持つ医師です。

両側:320,000円~

公式HPで詳しく見る

小陰唇縮小手術の名医Navi » 小陰唇縮小の名医がいる安心クリニックガイド » 本田ヒルズタワークリニック

本田ヒルズタワークリニック

本田ヒルズタワークリニックの小陰唇縮小まとめ

手術方法 切開縫合
所要時間 30分
麻酔 局所麻酔
制限事項 シャワー:翌々日から/入浴:2週間後から/性交渉:1ヶ月後から
価格 50,000円~

本田ヒルズタワークリニックの小陰唇縮小

小陰唇縮小術にレーザーメスを使って、黒ずみや余分な部分を取り除いてくれる本田ヒルズタワークリニック。デリケートな小陰唇に適した特殊なレーザーメスを使用しています。断面がなめらかで、美しい仕上がりを叶えてくれるメスです。縫合糸は顔の整形手術に使われる、縫い合わせが分かりにくいタイプを用いています。縫合糸は時間が経つと溶けてなくなるため、抜糸の必要がありません。

手術は30分ほどで完了します。シャワーは施術の翌々日から、性交渉は1ヶ月後からOKです。カウンセリングからアフターケアまでドクターが担当し、一人ひとりに合った治療を提案してくれます。本田ヒルズタワークリニックでは、総院長である本田医師のみが執刀を行うので安心です。

本田ヒルズタワークリニックの女性器専門クリニック

本田ヒルズタワークリニックは、もともと男性器を専門として設立されたクリニックです。本田医師が男性器の整形や後進の指導をしていく中で、女性器の相談をしてくる女性がいたとのこと。

女性器整形の医師がいないか探していたところ、アメリカのビバリーヒルズに26年間女性器の整形を専門にしているマトロック医師がいることを知り、技術を学ぶために渡米しました。そこで女性器整形治療の指導を受けて、帰国後に日本初の婦人科形成専門クリニックを開院。その後マトロック医師より、女性器治療の技術使用を公式に認定されました。施術メニューは小陰唇縮小術をはじめ、クリトリスの整形や膣口縮小・膣縮小術、副皮縮小術など、女性器のあらゆる部位の治療を取扱っています。

小陰唇縮小の担当医:本田昌毅先生

男性器専門医から男女両性器専門医となった本田医師。これまでに女性器だけで3,000件の治療実績を誇ります。

本田昌毅先生の経歴

1997年に昭和大学医学部を卒業した後、東北大学医学部付属病院に入局しました。 2001年まで美容外科クリニックに勤務した後、形成外科クリニックで包茎治療専門・技術指導医として勤務。その後、形成外科クリニックの院長に就任しました。

2004年から全国に10ヶ所ある本田ヒルズタワークリニックのオーナー兼総院長に就任。美容外科医だけでなく、厚生労働省指定精神保健指定医と、日本医師会認定産業医の資格を持っています。

本田昌毅先生の小陰唇縮小

カウンセリングも診療と捉え、本田院長がカウンセリングから施術、アフターケアまで責任を持って行ってくれます。カウンセリングでコンプレックスを解消できるメニューを提案し、治療は最短15分、最長でも60分で完了です。

本田ヒルズタワークリニックについて

日本でただ一人の男女両性器専門医

院長の本田医師は、日本に一人しかいない男性器治療・女性器治療を専門にしている美容外科医です。性器治療は自分一人だけの悩みではなく、パートナーにも影響するもの。両性器の専門医として、パートナーとの生活を円滑にする治療法を提案してくれます。

女性に対する配慮が〇

完全予約制にすることで、他に来院した方と会わないよう、プライベートな環境をクリニックに作り上げています。ドクター以外の看護師や受付といったスタッフはすべて女性を採用して、デリケートな悩みを相談しやすくしているのもポイントです。

クリニックの基本情報

所在地 東京都中央区日本橋3−4−16 春陽堂ビル4F
(JR「東京」駅八重洲中央口より徒歩2分)
診察時間 要問合せ(完全予約制)
休診日 要問合せ
事前相談 あり(メール)

ページの先頭へ