menu

みどり美容クリニック・広尾
満行みどり先生

日本における女性器形成のパイオニア。実績は群を抜いています。メスを使わない最新のレーザー治療も実施。

切開縫合:250,000円~

公式HPで詳しく見る

ゆかりレディースクリニック
辻 ゆかり先生

長年婦人科の治療に携わり、婦人科形成も今までの経験をもとに丁寧に縫合してくれるベテラン医師です。

両側:280,000円~

公式HPで詳しく見る

なおえビューティクリニック
喜田直江先生

形成外科の経験をお持ちで、女性特有の婦人科形成が得意。多くの女性を悩みから解放してきた実績を持つ医師です。

両側:320,000円~

公式HPで詳しく見る

小陰唇縮小手術の名医Navi » 小陰唇縮小の名医がいる安心クリニックガイド » なおえビューティークリニック

なおえビューティークリニック

なおえビューティークリニックの小陰唇縮小まとめ

手術方法 切開縫合
所要時間 片側20分、両側40分
麻酔 局所麻酔・吸入麻酔(静脈麻酔もあり)
制限事項 シャワー:当日から/入浴:2週間後から/性交渉:2週間後から
価格(税別) 片側200,000円、両側320,000円

なおえビューティークリニックの小陰唇縮小

なおえビューティークリニックが提供している小陰唇縮小術は、ラジオナイフと呼ばれる高周波メスが使用されています。

これは、大陰唇からはみ出ているヒダ(小陰唇)の厚みに合わせて切り口を調整できる方法で、出血を最小限に抑えられるのが魅力。

施術前には局所麻酔・吸入麻酔・静脈麻酔のうち好きな麻酔を選べるので、術中の痛みはほとんどありません。

小陰唇術は片側20~30分、両側だと40~60分ほどで完了します。音楽を聴きながら施術を受けられるのが、なおえビューティークリニックならではの特徴。シャワーは施術当日から浴びてOKです。

痛みや出血は3日間ほど続き、抜糸は術後10日目に行われます。性行為や運動、温泉などは術後14日目までNG。施術の傷口が目立たなくなる目安は、1~6か月といわれています。

小陰唇縮小の担当医:喜田直江先生

産婦人科医から美容外科へシフトしてきた先生で、産婦人科手術800症例以上、女性器手術1,000症例以上と、非常に多くの患者さんに施術してきた経験あり。カウンセリング重視のスタイルで、理想通りの女性器を形作り、多くの女性を救ってきた。

喜田直江先生の経歴

京都府立医科大学で医療を学んだ喜田医師は、卒業後に2年ほど産婦人科医としての経験を積みました。2003年頃からは形成外科で働きはじめ、縫合技術を習得。2006年以降は大手美容外科クリニックにて、美容外科・美容皮膚科の技術・知識を磨きます。

自身が院長を務める「なおえビューティークリニック」を立ち上げたのは2011年10月。婦人科形成専門クリニックとして、女性ならではの悩みを解決しています。

喜田直江先生の小陰唇縮小

喜田医師は「時間をかけた丁寧な手術が当院のこだわり」と宣言しています。傷跡がほとんど残らない小陰唇縮小術を実現するために、小陰唇を高周波メスで切除した後は、やわらかくて肌への負担が少ない吸収糸を使って丁寧に縫合。糸は、パートナーに見られても気づかれないほど自然に吸収されます。特殊な糸と高い縫合技術により、小陰唇がつっぱったり引きつれたりするリスクが軽減された施術です。

また、一般的に傷口のカバーとして使用される「医療用ボンド」を使わないのも喜田医師のこだわり。ボンドに含まれる化学成分が粘膜や体に与える刺激を考慮して、縫合技術だけで自然な仕上がりを実現しています。

プライバシーもしっかり配慮、悩める女性のためのクリニック

なおえビューティークリニックは、女性器に関するお悩みを中心に診療している女性専門クリニック。医師はもちろん看護師、受付の方も全て女性なので、女性同士にしかわからないことも気軽に相談できます。

患者さん同士のプライバシーにもきちんと配慮されており、待合室は曇りガラスの個室ブース、診察室やカウンセリングルームは当然個室、他の患者さんとすれ違わないよう予約時間の管理が徹底されています。

カウンセリングではシミュレーションも可能

「カウンセリングに行ったらいきなり手術を勧められて、即決させられた」という話が美容外科の口コミではちょくちょく見られますが、ここではカウンセリングの後に診察をするかどうかも患者さん次第なので手術の強要もありません。

手術は基本的に診察後に日程を決めるスタンスですが、遠方や多忙などの理由がある場合は当日手術もOKですよ。

ちなみに、小陰唇の形は写真を使ったシミュレーションができるので、より仕上がりがわかりやすいと評判なんだそうですよ。

手術後に跡が目立たない工夫も

手術にも出来栄えを美しくするいくつもの工夫が。切開方法は小陰唇の形や厚さによって切り方を変え、何層にも分けて丁寧に縫合するのだとか。

最後の表面部分は特に丁寧に、1箇所づつ細かく、糸の後が残らないようにしてくれるため、手術痕はほぼわからなくなるそうです。

これだけ丁寧で、他の美容外科より少々手術時間が長いだけで済むとは、まさに先生の腕が素晴らしいの一言に尽きますね。

なおえビューティークリニックの他院修正

なおえビューティークリニックでは、女性器の構造を熟知している婦人科出身の医師の手によって、神経と筋肉が複雑に絡み合う女性器の修正手術を実現しています。

婦人科形成が登場する以前から婦人科形成術を手掛けているクリニックなので、症例実績は5,000件以上。長年の経験によって磨かれた技術と豊富な知識を活かして、別のクリニックの小陰唇縮小術を受けて失敗してしまった女性の悩みを解決しています。

小陰唇切除の欠損具合にもよりますが、「左右差・切り口のデコボコ・歩けないほどの痛みや擦れ」などの問題を可能な限り改善する施術を実施。

施術料金が20万円以上、往復交通費が1万円以上かかる場合は交通費補助制度を受けられるので、遠方から訪れる女性も多いようです。

なおえビューティークリニックの口コミ評判

先生が時間をかけて丁寧に説明してくれたおかげで、不安なく手術を受けられました。手術もとても丁寧にしてくださいました。手術中はリラックスムードの音楽が流れ、うとうとしている間に終わってしまい痛みもありませんでした。

スタッフの方も、先生も優しく声のトーンも大人しくてプライバシーにとことん配慮しているのが伝わってきました。上質なエステサロンに来たような感じで、病院独特の妙な威圧感というか、居心地の悪さは全くなかったです。無事手術も終わり、痛みもあまりなく今までどおり生活できています。手術痕もとてもキレイで、誰に見せても大丈夫なくらいです(笑)。

膣のゆるみで長く悩んでいました。いくつかのクリニックに相談をした結果、このクリニックが一番素直に自分の悩みを伝えられたので治療をお願いすることに。院長の人柄も温かく、安心して治療を受けました。手術の間、痛がりな私の手を握ってくれていた看護婦さんにはとても感謝しています。長年の悩みを解消できたおかげで、性格もすっかり前向きになりました。

自分の小陰唇に左右差があるのがとても気になっていました。下着が当たって痛みを感じていたし、尿が飛び散って嫌な思いをすることも。口コミでクリニックのことを知り、先生やスタッフの方が女性だったので治療を受けることに決めました。皆さんとても明るく接してくださったので、手術することに不安はありませんでした。クリニックの雰囲気もよかったです。

クリニックは清潔感があって美容サロンのように居心地のよいところです。担当の先生もスタッフの人も女性だったので、恥ずかしいと思わずに色々と相談することができました。クリトリス包茎の形成手術と小陰唇縮小術を受けて、今では全く悩みがなくなりました。自信が持てるようになるので勇気をもって相談してみるといいと思います。

受付がブースで仕切られているので、プライバシーについてきちんと考えてくれているクリニックだなという印象を受けました。スタッフの方は対応が優しく話し声も穏やかだったので、落ち着いて診察を受けられます。院内の雰囲気は居心地よく、来院した人が気持ちよく過ごせるような心遣いを感じてとてもよかったです。

クリニックの基本情報

所在地 東京都中央区銀座 5丁目5−1 ニュウ銀座千疋屋ビル9F
(東京メトロ日比谷線「銀座」駅 B5出口より徒歩0分)
診療時間 月~金:11:00-20:00 土日祝:10:00~19:00(完全予約制)
休診日 日曜日不定休
事前相談 あり(メール)

ページの先頭へ