menu

みどり美容クリニック・広尾
満行みどり先生

日本における女性器形成のパイオニア。実績は群を抜いています。メスを使わない最新のレーザー治療も実施。

切開縫合:250,000円~

公式HPで詳しく見る

ゆかりレディースクリニック
辻 ゆかり先生

長年婦人科の治療に携わり、婦人科形成も今までの経験をもとに丁寧に縫合してくれるベテラン医師です。

両側:280,000円~

公式HPで詳しく見る

なおえビューティクリニック
喜田直江先生

形成外科の経験をお持ちで、女性特有の婦人科形成が得意。多くの女性を悩みから解放してきた実績を持つ医師です。

両側:320,000円~

公式HPで詳しく見る

小陰唇縮小手術の名医Navi » 小陰唇縮小の名医がいる安心クリニックガイド » 城本クリニック

城本クリニック

城本クリニックの小陰唇縮小まとめ

手術方法 切開手術
所要時間 40~60分
麻酔 記載なし、カウンセリングで確認してください
制限事項 シャワー:翌日から/入浴:1週間後から/性交渉:1週間~10日後から
価格(税別) 津田沼院・柏院:片側162,000円、両側300,000円
高崎院:片側194,400円、両側300,000円

城本クリニックの小陰唇縮小

城本クリニックでは、肥大化した小陰唇を取り除く切開手術を行っています。施術時間は40~60分ほど。入院は必要なく、 日帰りで手術を受けられるのが特徴です。片側のみの施術も可能で、両方の小陰唇のバランスを整えます。

縫合には溶ける糸を使用。抜糸の必要がないので通院する手間を省けます。手術には大きな負担が掛からないので、翌日から仕事を始められますよ。

担当する医師は、経験豊富なベテラン医師。男性医師には相談しづらいという方のために、 カウンセリングから治療まですべてを女性医師が担当することも可能です。対応するスタッフもすべて女性なので、安心して治療の相談ができるでしょう。

小陰唇縮小の女医たち

金田 藤香先生

様々な病院で形成外科を学んできた医師。日本形成外科学会と日本美容外科学会の専門医の資格を持っており、女性目線で治療のお手伝いをしています。

金田先生の経歴

筑波大学医学専門学群で医療を学んだ後、東京医科歯科大学形成外科に入局しました。その後2年間外科としての知識を学び、武蔵野赤十字病院形成外科へ入職。様々な病院の形成外科を回りながら、自らの技術を高めた金田先生は、ただ治療するのではなく美しくなって喜ぶ患者を見たいと考え美容外科に関わるように。2009年には現在の城本クリニックに入職しました。

女性の視点に立って治療法を提案しており、院長に就任した現在でも日々知識と技術を磨いています。

金田先生の所属する津田沼院について

金田先生は城本クリニック津田沼院の院長です。そのため彼女の施術を受けるためには津田沼で事前に予約する必要があります。希望者がいれば新宿院でも対応可能です。

城本クリニック津田沼院へのアクセス方法は、津田沼駅南口から外に出て左手にある歩道橋をまっすぐ直進。しばらく進むとMorishiaと書かれたビルが見えるので、建物の中へ。そこからエレベーターで2階に上がったところです。

西浦 蘭子先生

クリニックへ訪れた方が満足して笑えるような医療の提供を心掛けている西浦先生。美容専門のクリニックとして、患者1人ひとりに合った治療を行なっています。

西浦先生の経歴

2004年に聖マリアンナ医学大学を卒業した後、研修医として4年間聖マリアンナ医科大学に入局。その後形成外科医として3年間知識と経験を重ねてきました。2012年には聖マリアンナ医科大学病院横浜市西部病院で医師として勤務。2014年からは城本クリニックの医師として日々スタッフと連携を取りながら患者の悩みを解消しています。

形成外科と美容外科の専門医資格を所持しており、患者の持つコンプレックスをただ解消するのではなく、美しく治すことで1人でも多くの方が喜べるよう取り組んでいるそうです。

西浦先生の所属する柏院について

西浦先生は城本クリニック柏院に勤めています。完全予約制のクリニックのため、西浦先生の施術を受けるには事前に予約が必要です。また、立川院や富山院でも施術対応可能なので事前に確認してみてはいかがでしょう。

城本クリニック柏院は柏駅南口から徒歩1分とアクセスの良い場所にあります。南口から出て右手に進むと、階段があるので下ってください。下階正面のローソン隣にあるプラザパスカビルから6Fに上った場所にクリニックがあります。

津江 知里先生

慶應義塾大学形成外科から美容外科専門クリニックをえて、様々な患者の治療に携わってきた先生。気軽に相談できるかかりつけ医になるため日々、知識と技術を磨いています。

津江先生の経歴

津江先生は2010年に久留米大学医学部を卒業後。慶應義塾大学病院に研修医として2年間勤めました。その間、様々な学科で知識と技術を学んだ津江先生は、慶應義塾大学形成外科に入局。外科医師として患者と携わってきました。その後美容外科専門クリニックで美容外科について学んだ先生は、2015年に城本クリニックへと入職。現在は高崎院の院長として患者のコンプレックスを解消しています。

津江先生の所属する高崎院について

津江先生は、高崎院のほかに池袋院と大宮院で医師として活動しています。そのため、高橋院に不在の可能性もあるため津江先生に施術をお願いしたい場合は、事前に問い合わせてください。

アクセス方法はまず、JR高崎駅東口から出てまっすぐ進み通りに出ます。その後、ヤマダ電機LABIのある左手方向に進んでください。少し進むと1階にアパマンショップがあるビルに到着するので、そこを4階に上がると城本クリニック高橋院があります。

城本クリニックのポイント

美容外科専門医による施術

確実な施術で自然な見た目にしてくれると評判の城本クリニック。常駐する医師は、美容外科屈指の専門技術を持つプロフェッショナルたちばかり。これまでに手掛けた 症例実績は10万件以上にものぼります。

開院以来30年以上展開しているグループ

城本クリニックは開院30年以上の歴史を持ち、現在全国で27院を展開しているクリニックです。 カウンセリングから施術、アフターフォローまで専門医師が担当し、綿密なフォローシステムを用意。安全性を最重視し、患者に不安を与えない気配りが魅力です。

小陰唇は女性医師がカウンセリングから施術まで担当

城本クリニックの小陰唇手術は、カウンセリングから施術まで、経験豊富な女性専門医を希望することが可能です。また、女性専門カウンセリングを設置しているので、 手術の前に不安な点や心配な点、希望などを相談できます。

さらに、城本クリニックはスタッフがすべて女性なので、気兼ねなく通いやすいのも頼れるポイント。ただし、女性医師による診療を希望する場合は予約時に申請が必要なので、注意しましょう。

城本クリニックの口コミ

男性医師でしたが説明がわかりやすく不安解消
男性の医師が対応したので最初は心配していましたが、施術の方法を絵で分かりやすく説明してくれて不安が取り除けました。1時間30分ほどで施術が終了。看護師や医師が、優しく声かけてくれたので安心できました。

痛かったけどやってよかった!
施術前に2回麻酔を受けることに。とても痛かったですが、看護師の方が声かけしてくれたので何とか乗り越えることができました。麻酔が効いた後は痛みもなく治療は終了。今まで気になっていた痛みやかゆみが全然気にならなくなりました。

独特な痛みの麻酔でした
麻酔は独特なチクチクとした痛みがありました。麻酔をした後も感覚があるのか、小陰唇をカットしている時や縫っている時も何となくわかりました。施術後2時間ほどは痛みも全くなかったですが、麻酔が切れてくると鈍痛のような痛みが続いて当日は寝づらかったです。

クリニックの基本情報

所在地 池袋院:東京都豊島区南池袋2-27-5 共和ビル5F
津田沼院:千葉県習志野市谷津1-16-1 モリシア2F
柏院:千葉県柏市旭町1-5-4 プラザパスカビル 6F
高崎院:群馬県高崎市栄町1-10 サンライズビル4F
他、日本国内全27院
診察時間 10:00~19:00
休診日 年中無休
事前相談 あり(メール)

ページの先頭へ