menu

みどり美容クリニック・広尾
満行みどり先生

日本における女性器形成のパイオニア。実績は群を抜いています。メスを使わない最新のレーザー治療も実施。

切開縫合:250,000円~

公式HPで詳しく見る

ゆかりレディースクリニック
辻 ゆかり先生

長年婦人科の治療に携わり、婦人科形成も今までの経験をもとに丁寧に縫合してくれるベテラン医師です。

両側:280,000円~

公式HPで詳しく見る

なおえビューティクリニック
喜田直江先生

形成外科の経験をお持ちで、女性特有の婦人科形成が得意。多くの女性を悩みから解放してきた実績を持つ医師です。

両側:320,000円~

公式HPで詳しく見る

小陰唇縮小手術の名医Navi » 小陰唇縮小の名医がいる安心クリニックガイド » ゆかりレディースクリニック

ゆかりレディースクリニック

ゆかりレディースクリニックの小陰唇縮小まとめ

手術方法 切開縫合
所要時間 記載なし、カウンセリングで確認してください
麻酔 表面麻酔・局部麻酔(静脈麻酔もあり)
制限事項 シャワー:当日から/入浴:医師の診断後から/性交渉:4週間後から
価格 片側:162,000円、両側:270,000円

ゆかりレディースクリニックの小陰唇縮小

ゆかりレディースクリニックの小陰唇縮小手術は腫れが少ないコールドナイフを切開に使用し、キレイな仕上がりになるように、丁寧に縫合していきます。皮膚にそのまま吸収される溶ける糸を使用しているので、腫れや炎症を最小限に抑えられます。

術後は2回の検診

術後のケアを何よりも大切にしているゆかりレディースクリニックでは、手術後7日後に検診があります。手術費用にすべて含まれているので、追加料金は必要ありません。必ず術後2回の検診を行なってくれるので、腫れや炎症で不安な時期も安心して過ごすことができます。

麻酔は選べます

手術中の痛みにも配慮するために局部麻酔と麻酔クリームによる表面麻酔を併用。手術中に意識があるのは怖いという人は、静脈麻酔の併用も可能です。

クリニックで診察を受けるには、電話予約が必須です。手術の日程も、希望が無ければ「金曜日の午前」に行なわれます。

小陰唇縮小の担当医:辻 ゆかり先生

院長である辻ゆかり医師の経歴を紹介しています。そのほか、小陰唇縮小手術で心がけていることをまとめてみました。

辻 ゆかり先生の経歴

1992年に琉球大学医学部を卒業後、沖縄協同病院で3年間、救急から脳神経外科まで、さまざまな診療科での研修を受けました。最後の研修先だった産婦人科で「女性特有の悩みや病気の治療」に魅力を感じ、産婦人科医としてのキャリアをスタート。

2000年には自身が子宮内膜症を経験。その後妊娠・出産を経て「もっと自分の考える医療を提供したい」との思いから、2004年にゆかりレディースクリニックを開業して、今に至ります。

辻 ゆかり先生の小陰唇縮小

小陰唇縮小手術は、院長である辻ゆかり医師が担当しています。先生自身が月経不順、子宮内膜症といった女性特有の症状を抱えた経験から、悩みに寄り添った診察とアドバイスを行っています。

手術ではきれいに仕上がるように「強く締め付けない」縫合を行っています。希望する大きさや形になるように、長年の経験から得た技術で丁寧に縫合しているそうです。

ゆかりレディースクリニックについて

神戸市の三宮にあるゆかりレディースクリニックについてまとめています。

医師もスタッフもすべて女性

医師をはじめ、看護師やスタッフが全員女性でそろうゆかりレディースクリニック。男性の目が気になる人でも、安心して足を運ぶことができます。在籍しているスタッフは婦人科に抵抗がある人でも、気軽に通えるような環境づくりを心がけているのだそう。同じ女性としての立場から不安を少しでも軽くできるようなアドバイスやサポートを行なっているので、気軽に悩みを相談できます。

神戸・三宮で通いやすい立地

ゆかりレディースクリニックは、JR阪急・神戸市営地下鉄山手線三宮駅から徒歩6分の場所にあります。花時計駅前、旧居留地大丸前駅といった駅からも徒歩圏内。近くには神戸で有名な繁華街やさまざまな商業施設があります。また、車で来た方は近くの駐車場を利用できます。

クリニックの基本情報

所在地 兵庫県神戸市中央区三宮町1-4-9 ウエシマ本社ビル3F
(神戸市営地下鉄山手線「三宮」駅より徒歩6分)
診察時間 月~金:10:00-18:30
土曜日:10:00-13:00
休診日 水曜日・日曜日
事前相談 あり

ページの先頭へ